「姿勢改善のために柔軟性はなぜ大切なのか?」っていう話。

「姿勢は柔軟性が低下しているととても崩れやすい。

そのため、姿勢を良くしていくためには柔軟性を高めていくことが絶対条件になる。」

こんなことを聞いたことがある人は多いのではないだろうか?

生まれてからもう何度も聞いたこの言葉。
しかし、なぜ柔軟性を高めなければいけないのかを知っている人はかなり少ないように感じる。

というわけで今回は、「姿勢改善のために柔軟性はなぜ大切なのか?」についてお話ししていこうと思う。
この記事を読んでいただければ姿勢改善において柔軟性がなぜ重要なのかがわかり、明日にでも家族や友人に教えたくなるはずだ。

それでは行ってみよう!

 

柔軟性アップが姿勢改善に効果的なワケ

筋肉というのはバネのようなはたらきをする。
骨から骨にくっつきその筋肉が伸び縮みする事で、カラダを動かすことが可能になっている。

図でわかりやすく紹介しよう。

こんな具合だ。

さらに筋肉はバネのようなはたらきをしており、常に縮んで骨を引っ張っている。
上の画像で言えば、筋肉は何もしなくても②のように縮み、骨を引っ張って関節を曲げようとするのだ。

そして縮み続けた筋肉は最終的に縮んだ位置で硬くなってしまう。
つまりは、骨が筋肉に引っ張られ関節が曲がった状態で固まってしまうのだ。

これがカラダのゆがみとなる。

こうなってしまったら伸ばしたりほぐしたりして、硬くなった筋肉を柔らかくしていくしか歪みを取る方法はない。
だから柔軟性を上げることはとても重要だと言われるのだ。

ビル信吾
最近注目されている筋膜リリースについてはまた解釈が少し変わってくるので、この後詳しく説明していきます!

 

硬いままだと…

筋肉が硬いままだと、常に関節が曲がった状態になってしまうため姿勢が悪くなるというのはわかっていただけたと思う。
しかしそのまま放置しておくと、もっとひどい目に遭う。

それは『姿勢の悪化』そして、『痛み』だ。

筋肉が硬くなることで歪みが生じれば、それにつられて他の部位の筋肉も硬くなりゆがんでしまう。
そして姿勢はどんどん悪くなっていき、最終的に”痛み”を引き起こすのだ。

痛みが出てしまうと、体を元のあるべき姿勢まで戻すのがとても難しくなってくる。
不可能ではないが、時間と根気が必要になるだろう。

そうならないためにも体は常に柔らかくしておく必要がある。

ビル信吾
ちなみに私は、体が硬くて姿勢が良い人をあまり見たことがありません!

 

このあとに柔軟性を上げるためのアプローチ方法について紹介しておくので、ぜひ読んでおいてほしい。

 

アプローチの方法

ではここから柔軟性を向上させていくための詳しいアプローチの方法を紹介していく。
実はカラダの柔軟性を上げていくための方法にはいくつかあるのだ。

ここで紹介するのは以下の3つ。

  • ストレッチ
  • 筋膜リリース
  • 指圧などによるほぐし

では一つ一つ見ていこう。

 

①ストレッチ

ストレッチは柔軟性を上げるためのもっとも有効な方法の一つ。
ほとんどの場合は、このストレッチを行っていくことで柔軟性は上がっていくだろう。

やり方はご存知の通り、硬くなった筋肉を伸ばしていく。
大事なのは、伸ばすところの筋肉以外は固めること。
伸ばしたい筋肉だけがしっかりと伸びるように、余計なところは動かさずストレッチをするとよりストレッチの効果は高くなる。

 

基本的には硬くなっている筋肉に行う

ストレッチは全ての筋肉に行うと良いと思われがちだが、実はそんなこともなかったりする。

もともと柔らかい筋肉にいくらストレッチをしても、姿勢改善にはあまり効果がない。
それどころか、柔らかくなり過ぎて縮みにくくなる危険性もある。

そのため、基本的には硬くなっている筋肉にフォーカスして行うようにしよう。

ビル信吾
柔らかい筋肉ならストレッチしなくて良いというわけではありません!ただし、やり過ぎは要注意です!

 

ペアストレッチでもOK

「自分一人ではストレッチがうまくできない」「誰かにやってもらいたい」という場合は、ストレッチの専門店に行き”ペアストレッチ”を受けるのも良いだろう。
ペアストレッチなら自分でやる以上に大きく伸びるため、ストレッチ効果はより高くなる。

近年ではストレッチの注目度はどんどん上がっており、ストレッチ専門のお店も街中にたくさん出てきた。
そのため、その中から選んでみると良いだろう。

 

②指圧・マッサージ

ストレッチの他にも、筋肉に直接アプローチする方法として、指圧によるほぐしやマッサージなどがある。

これらは筋肉を伸ばしていく”ストレッチ”とは違い、外部からの圧力によって直接筋肉に刺激を与える。
ストレッチなどではどうにもならないほど筋肉が硬くなってしまった場合などで使われるため、理学療法の場などでよく登場するやり方だ。

最近では「強いマッサージや指圧はあまり効果がないどころか筋肉を損傷させてしまう可能性もある」と指摘する科学者もおり、その効果のほどは人によって解釈がかなり違う。

ビル信吾
私個人的には、程よい強さであれば効果的だと考えています!
一般的には”イタ気持ち良い”がよいと言われています!

 

③筋膜リリース

あなたは筋膜という言葉を聞いたことがあるだろうか?

筋膜とは?

浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜、筋内膜の5つを指す。わかりやすく言えば筋肉の表面と間にあり筋肉を包み込んでいる膜のこと。
カラダの中の筋膜は全てつながっている」というのが筋膜の概念であり、ストレッチの「ひとつの筋肉だけにフォーカスして伸ばす」とはかなり違う。
海外では「Fascia」「Myofascia」と呼ばれている。

カラダの中の筋膜は全てつながっているため、この筋膜が縮んで硬くなっていると、そこを中心に体がゆがんでしまい姿勢が悪くなってしまう。

図で見るとわかりやすいだろう。

このような感じだ。
この画像では、”01″の方は正常だが、”02″の方は左肩のあたりと右膝のあたりの筋膜が引っ張られているようにして異常をきたし、それが体全体のゆがみを生み出している。

これこそが筋膜の異常によるゆがみ
つまりは、上半身で歪みが起こっていてもそれが下半身の筋膜の異常によって引き起こされている可能性もあるということだ。

そこでこの筋膜リリースを行い、筋膜の異常を取り除いていく。

筋膜リリースとは?

固まって異常が起きた筋膜を伸ばしてゆるめること。
筋膜リリースでは一つの筋肉ではなく他の筋肉との連動性を意識して行っていく。
そのため、上半身がゆがんでいるのに下半身のリリースをするということなどが多々ある。

筋膜リリースのやり方は体を動かしてリリースしていく方法と、リリーススティックを用いてリリースする方法の2つがある。
簡単にこの2つのやり方を説明していこう。

 

カラダを動かしてリリースしていく方法

この方法はストレッチとかなり似ている。
ただ少し違うのは、筋肉ではなく筋膜にフォーカスしているという点。

筋膜の異常は体全体のゆがみをもたらすため、まずはどこの筋膜に異常が起きているのかを的確に判断しなくてはならない。

例えば右肩の少し前のあたりが異常をきたしているのであれば、アームスイープという種目で筋膜のリリースをしていくと良いだろう。

〈アームスイープのやり方〉

 

このように、筋膜リリースは筋膜をゆるめて動きを良くすることにフォーカスする。
そのため柔軟性というよりも可動性を上げていくという意味合いが強いかもしれない。

 

道具を用いて外部的圧力でリリースをする方法

これは異常を引き起こしている筋膜を直接スティックやフォームローラーなどでリリースしていく方法だ。
ピンポイントでその筋膜を狙うため、局所的な効果は大きい。

しかし筋膜は体全体につながっており、筋膜リリースにおいては連動性がとても重要とされるため、最近ではスティックによるリリースよりも体を動かし可動性を上げていくリリースの方が一般的となっている。

 

詳しいやり方は別の記事で

筋膜リリースのやり方については、別の記事で深く追求していきたいと思う。
現在作成中のためもう少しお待ちいただきたい。

本当に申し訳ない。

 

姿勢を良くするためには柔軟性を上げよう!

このように、姿勢を良くするためには柔軟性を上げていくことがとても重要になる。
そのため、ぜひ自分自身でもここで紹介したアプローチ方法を用いて柔軟性アップに努めてほしい。

そしてできることなら、このことをより多くの人に伝え姿勢で苦しむ人が少しでも減れば幸せに思う。
それができるかどうかはそれはあなたにかかっている。

 

最後まで読んでくれて本当にありがとう。
SEE YOU NEXT TIME!!!!!

「オトナを、もっと。」スタッフ一同。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です