筋トレのモチベーションが上がる!男性フィットネスモデル!

 

今日はなんだか、筋トレのモチベーションが上がらない。
でも筋トレはしたい。
そんな時は、世界の超クールなフィットネスモデルたちを見ると良いだろう。

今回は、中でも人気が高く体つきがカッコ良い男性フィットネスモデルを紹介する。
この方々の肉体美・トレーニング姿を見て、ぜひ筋トレのモチベーションを上げていって欲しい。

 

1, Ulisses world

 

1人目に紹介するのは、Ulisses World(ユリシス・ワールド)。

ユリシスは体のラインがとても綺麗で、バランスがとても良い。
筋肉もかなり大きく、美しくてカッコ良い体と言えるだろう。

そのかっこよさゆえに、Instagramのフォロワーは600万人を超えており、人気の高さが伺える。
筋トレをしている男性なら、ユリシスに憧れたことのある人も少なくないはずだ。

Instagramの中で自身のトレーニングやアパレルの紹介などもしているため、気になる人は観てみてほしい。

Ulisses WorldのInstagram:@UlissesWorld

 

2, David Laid

2人目は21歳のイケメン、David Laid(デイビッド・レイド)。

デイビッドはウエスト周りのシェイプがとても綺麗で、フォルムがとても美しい。
その爽やかなルックスから若い世代、そして女性から高い支持を受けている。

そしてデイビッドといえばデッドリフト。
デッドリフトではその爽やかなルックスからは想像できないような、とんでもない重さを挙げる。

Instagramのフォロワーは130万人を超えており、YouTubeの登録者数も90万人以上!

David Laid のInstagram:@davidlaid

 

3, Marc Fitt

次に紹介するのは、Marc Fitt(マーク・フィット)。

マークはフィジークの選手でなければ、パワーリフターでもないが、絵に描いたような綺麗なルックスと肉体美で世界中の多くの人に支持されている。

今回紹介する人たちと比べると、筋肉がそこまで大きいわけではなく、一般の方でも受け入れやすい程よい筋肉の付き方をしているのが彼の特徴。
史上最高の細マッチョと称されることもあるほどだ。

日本では下の画像がとても有名。

この画像を見たことのある方も多いのではないだろうか?

がんそん編集長
僕もマークフィットに憧れてトレーニングを始めました!
個人的には一番好きでカッコ良いと思うカラダです!

 

Marc Fitt のInstagram:@marc_fitt

 

4, Raymont Edmonds

4人目は、Raymont Edmonds(レイモント・エドモンズ)。

彼は2019年のMr.Olympia メンズフィジーク部門で優勝したフィジーク選手として知られている。
わかりやすく言えば、世界1位の選手だ。

何より手足が長く顔が小さいという最高のプロポーションの持ち主。
2018年のOlympiagでは2位だったこともあり、もともとある程度認知度はあったのだが、優勝する事でその認知度は急上昇。

現在ではInstagramのフォロワーが20万人を超えており、今後もっと人気が上がっていくこと間違いなしだ。
ぜひこの世界一の男をチェックしておいてほしい。

Raymont Edmonds のInstagram:@raymontedmonds

 

5, CHUL SOON

続いては、Chul Soon(チュル・スン)。

世界で活躍する韓国人ボディビルダーで、おそらくアジアで一番有名なボディビルダーだ。

韓国人独特の塩顔イケメンにもかかわらず、その体つきはまさに野獣。
カッコよすぎるカラダで多くの筋トレ男子、マッチョ好き女子を虜にしてきた。

趣味も多く、Instagramにはいろんな遊びをしている様子が映し出されている。
また女遊びが激しいことでも知られており、ガールフレンドもたくさんいるらしい。

Chul Soon のInstagram:@chul_soon

 

6, Jeff Seid

日本でトレーニングしている人なら、知らない人がいないというくらい有名なフィジーカー、Jeff Seid(ジェフ・シード)。

彼は史上最年少でIFBBのプロ選手となっており、世界最高峰の大会”Mr.Olympia”にも出場している選手だ。
しかし現在は大会にはあまり出ず、フィットネスモデルやインスタグラマーとして大活躍している。

そしてジェフはなんといっても、筋肉の形がとても綺麗。
特に筋肉の形や大きさ、美しさに敏感な日本人にとって、彼は憧れの的となっている。
ジェフに感化されてトレーニングを始めた人も少なくないはずだ!

ただし Chul Sonn と同様に女遊びが激しく、アンチが多いのも特徴。}
ジェフいわく「モテたいから筋トレを始めた」とのこと。
実際ジェフは、筋トレを始めてから圧倒的にモテるようになったため、筋トレをしてモテるようになりたい人は、彼のことを参考にすると良いかもしれない。

Jeff Seid のInstagram:@jeff_seid

 

7, STEVEN CAO

次に紹介する人物も日本ではとても有名なフィットネス人、Steven Cao(スティーブン・カオ)だ。

スティーブンは1994年生まれの若さでありながら、IFBBのプロ選手として世界を股にかけている。
上で紹介したDavid Laidと仲が良く、一緒にYouTubeの動画でコラボや合同トレーニングなどもしているくらいだ。

そして彼の筋肉も、”美しい”と言えるほどにクールでカッコ良い。
この筋肉に憧れを抱いている人も少なくないはずだ!

Instagramのフォロワーも70万人をこえており、若者を中心に人気急上昇のスティーブン・カオは要チェックだ!

Steven Cao のInstagram:@stevencao_

 

8, Simeon Panda

続いても日本での人気が高いフィットネスモデル、Simeon Panda(シメオン・パンダ)。

彼は1986年生まれ。
以前からカラダが細いことがコンプレックスで16歳の頃からトレーニングを始めたそう。

華奢だったカラダがここまでカッコよくなると考えると、カラダが細い人にとっては、まさに救いの神のような存在ではないだろうか?

ボディービルの選手というよりは、フィットネスモデルとして活動をしており、自身のフィットネスブランドを立ち上げている。
そしてはじめに紹介したUlisses Worldとよく一緒にトレーニングをしていたりして仲が良い。

ちなみにInstagramのフォロワーは600万人超えだ!

Simeon Panda のInstagram:@simeonpanda

 

9, Sergi Constance

その男らしさで男も女も魅了し続ける男、Sergi Constance(セルジ・コンスタンス)。

1998年生まれで決して若くはないものの、その筋肉の大きさ・美しさによって高い人気を博している。

元々トレーニングを始めたきっかけは体格を良くしたいという理由だったのだが、トレーニングをしていくうちにその面白さにハマり、ここまでに至ったそう。

そして彼の最大の特徴は、バランスの取れた筋肉美だ!
筋肉自体がとても大きいのはもちろんのこと、ひとつひとつの筋肉がとても綺麗で美しいとしか言いようがない。

Instagramのフォロワーも400万人を超えており、驚異の人気ぶりだ!

がんそん編集長
これは余談ですが、セルジは声がとっても低くセクシーです!
女性は彼の声で悩殺されてしまうかも!??

Sergi Constance のInstagram:@sergiconstance

 

10, Lazar Angelov

続いてはLazar Angelov(レイザー・アンジェロフ)。

彼はその肉体美と男らしさから、先ほど紹介したセルジと比較されることも多い。
しかし腹筋で言えば間違いなくレイザーの方が上だ。

逆三角形という意味ではセルジには勝てないが、逆三角形過ぎないところがむしろ日本人にも受け入れやすいところではあるだろう。(おそらく元々肩幅が狭い)

大会などにはあまり出ず、パーソナルトレーナーやフィットネスモデルとして活躍している。
日本での知名度も高く、Instagramのフォロワーはなんと580万人だ!

Lazar Angelov のInstagram:@lazar_angelov_official

 

11, SADIK HADZOVIC

海外のフィジークファンであれば知っている人も多いであろう人物、Sadik Hadzovic(サディーク・ハゾビック)。

彼はMr.Olympiaでも幾度となく入賞しており、メンズフィジークのトップレベル選手として方々で活躍中だ。
全ての筋肉がはち切れんばかりにボンっとついている上、フィジークらしい逆三角形のカラダも持ち合わせているサディーク。

1987年にボスニアで生まれ、戦争に巻き込まれたこともあり、難民としてアメリカへ渡ってきたという経歴を持っており、トレーニングを始めたのはアメコミのヒーローの憧れのことだった。

若者からの人気もさることながら、その男らしくて色っぽいビジュアルから、大人の男からの支持率もかなり高い。

Instagramのフォロワーは300万人越え!

がんそん編集長
Instagramの中では、たびたび授業のような動画も載せているため、それも観てみると面白いと思います!
あと、娘さんが超可愛い!

 

Sadik Hadzovic のInstagram:@sadikhadzovic

 

12, RICHARD DUCHON

続いては、Richard Duchon(リチャード・ドチョン)。

日本でも認知度はかなり低いが、海外では徐々に知名度が上がってきているフィットネスモデルだ。

体つきはフィジークやボディビルと言うよりはスポーツ選手に近く、サイズ自体もここまで紹介してきた人の中では小さめな方である。(とは言っても十分でかい!)

そんな彼は腹斜筋の発達具合が半端ではない。
腹斜筋が発達しすぎてウエストが太くすらなっており、ほかのフィットネスモデルと比べてもその差は歴然だ。

これから日本での認知度が上がっていく可能性も十分に秘めているため、今のうちにチェックしておこう!

Richard DuchonのInstagram:@richard_duchon

 

13, Andrei Deiu

次は若きフィットネススター、Andrei Deiu(アンドレイ・デイウ)だ。

彼は1996年生まれのフィジーク選手。
15歳からトレーニングを始め、それからいろいろな大会でタイトルを獲得してきた。
そして22歳という若さでIFBBのプロフィジーク選手になった天才だ。

筋肉がとても大きく、トレーニングを何十年もやってきた人にも決して負けないような素晴らしいカラダの持ち主。
世界的に有名なトレーナーにもその才能を認められ、これからのさらなる活躍が期待されている選手でもあるのだ。

Andrei DeiuのInstagram:@andreideiu

 

14, Steve Cook

日本でも大変有名なフィジーク選手、Steve Cook(スティーブ・クック)。

スティーブは1984年生まれで若いわけではないが、その肉体は素晴らしいとしか言えないほどに美しい。
2013年の Mr.Olympia(世界最高峰の大会)メンズフィジーク部門にて8位という成績を残しており、そこから一躍人気のフィットネスモデルとなった。
2015年以降は大会に出ていないものの、現在でもその人気ぶりは健在だ!

Instagramのフォロワーは250万人!素晴らしい!

Steve CookのInstagram:@stevecook

 

15, jon skywalker

美しいカラダとは裏腹にどこか危ない匂いのする男、Jon Skywalker(ジョン・スカイウォーカー)。

ジョンはボディコンテストなどの大会には出ず、フィットネスモデルとして主に活動している。

そんな彼の特徴はどこからか漂うとても刺激的なワルの香りだ。
彼のInstagramの中では、タバコを吸っている写真やクラブに行ってパーティをしている姿がよく写し出される。
その姿はどれもカッコよく、刺激を求める男女にとってはとても魅力的に見えるはずだ。

Jon SkywalkerのInstagram:@jonskywalker

 

16, Jeremy Buendia

フィットネス業界の伝説の1人、Jeremy Buendia(ジェレミー・ブエンディア)。

ジェレミーは23歳のとき世界最高峰のフィジークの大会 Mr.Olympia2014 メンズフィジーク部門にて初優勝を飾り、それから2015〜2017年まで4連覇を果たした伝説の人物だ。

フィジークの大会はこれから彼を基準として採点されるんじゃないかと言われているくらい、彼のフィジークにおける地位は高い。

日本でも筋肉雑誌「IRON MAN」の表紙を飾るなど、その知名度はとんでもなく高いのだ!
フィジーク好きの人でジェレミーを知らない人はいないだろう。

筋トレをするならジェレミーは抑えておくべきだ。

Jeremy BuendiaのInstagram:@jeremy_buendia

 

17, Chris Bumstead

次も知っている人が多いであろう、Chris Bumstead(クリス・バムステッド)。

彼はフィジーク競技の中でもクラシックフィジークと呼ばれる部門の選手だ。

クラシックフィジークとは

逆三角形を競う点はメンズ フィジークと同じだが、着用するのがブーメランパンツとなり下半身も審査対象となる。
メンズフィジークよりも筋肉のサイズが必要。しかしウエストのシェイプも必要。

そしてクリスは、Mr.Olympia2019クラシックフィジーク部門にて優勝した。
2年連続で2位だったのだが、3度目の正直で見事に優勝を果たしたのだ!

この優勝によって彼の名は瞬く間に世界中に広がった。
日本でも知っている人がかなり増えたのではないだろうか。

体つきとしても、クラシックフィジークとだけあってサイズが大きく、それでいて形が美しい。
彼の体を見て、モチベーションが上がらないわけがない!!

Chris BumsteadのInstagram:@cbum

18, Ryan Terry

続いては日本で、世界でとても有名なメンズフィジーク選手、Ryan Terry(ライアン・テリー)だ。

ライアンは若い頃、「Mr Great Britain」というイケメンを決めるコンテストで優勝をした経験がある。
さらにその後「Mr International」という、世界40カ国で一番のイケメンを決める大会でも、優勝をしたのだ。
そのためルックスは誰もがうなづくほどに整っている。

そしてそのイケメンすぎる顔もさることながら、体つきもイケメンだ。
これまで様々な大会で優勝・入賞をしており、世界的にその肉体は評価されている。

そんな顔もカラダもクールでカッコ良いライアンテリーは要チェックだ。

Ryan TerryのInstagram:@ryanjterry

 

19, Brandon Hendrickson

こちらも日本で大人気のメンズフィジーク選手、Brandon Hendrickson(ブランドン・ヘンドリクソン)だ。

ブランドンは見てわかる通り、これぞフィジークというような美しいカラダをしている。
こぼれ落ちそうなくらい発達した大胸筋と、男らしさを感じさせてくれる三角筋、そして逆三角形をより強調するお腹のシェイプ。
どれをとっても素晴らしいとしか言いようがない。もう、脱帽だ。

Instagramのフォロワーは約60万人と、かなり多く日本人のフォロワーも多い。

それだけ日本人の繊細な感覚にも受け入れられるような、美しいカラダをしているのだ。

Brandon HendricksonのInstagram:@brandon.d.hendrickson

 

20, エドワード加藤

最後にご紹介するのは今回唯一の日本人、エドワード加藤だ。
日本人とイギリス人のハーフで、顔立ち、カラダ付きともに日本人離れしている。

写真は2019年のNPCJビーフ佐々木クラシックでオーバーオール優勝を果たした時の一枚だ。
見ていただいたらわかる通り、半端じゃないカラダをしており、それでいてとても芸術的。

1992年生まれでまた若いため、フィジーク選手としてさらなる活躍が期待されている。
会社経営やアパレルブランド事業の展開もしており、今後がとても楽しみな存在だ。

エドワード加藤のInstagram:@edward_kato_fitness_jp

 

筋トレのモチベーションを上げろ!

いかがだっただろうか?

世の中にはこれほどイケメンでカッコ良いカラダをしている人たちがいる。
彼らをみて、あなたのモチベーションが少しでも上がれば幸いだ。

それではトレーニングを頑張ろう。

No pain, No gain. 
Let’s workout!!

 

最後まで読んでくれて本当にありがとう!
あなたの人生がもっと良くなることを願っています。
more hot, more cool!!
See you next time!!!

「オトナを、もっと。」スタッフ一同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がんそん(岩村正也)

当メディア『オトナをもっと』の編集長。 芸能人をはじめ、1000名以上のカラダを変えてきたトレーナー兼インストラクター。その他にもメディア編集長、オンラインサロンオーナーなど、その活動は多岐にわたる。23歳。トレーナー歴4年。趣味は散歩、一人旅、音楽・映画・お笑い鑑賞。現在、20歳以上年の離れた妹にメロメロ中。