イケメンでもムリ!合コンで女子に嫌われる7つの行動

何回合コンに行っても、どうもうまくいかない、、彼女が欲しいのにできない、、

そんな悩みを抱えているあなたには、もしかしたらうまくいかない原因があるかもしれません!

ということで今回は、そんなあなたのために「合コンで女子に嫌われる男の行動」を7つ紹介していこう。

ぜひこの記事を参考にして、これからの合コンに役立ててみてほしい。

 

1. 自分の話をしたがる

コミュニケーションのために、質問や話を振ることはあっても、自分の身の回りの話や自慢話に持っていくのは女性からしたらNG。
というのも、女性は「自分に興味を持ってくれてる」「話を聞いてくれてる」というのを感じるほど、その男性をいい人だと思いやすいからだ。

女性だけでなく、誰でも、自分の話を聞いてもらいたいと思うのは当たり前のこと。

ミサキ先輩
合コンで自分の話をするのは、相手の話を聞き終えてから!
これはビジネスでも同じことよ。
女性にモテたいなら、聞き上手になりましょ!

 


2. 仲良くなる前から女子を褒めまくる

合コンに行った時に、とりあえずなんでもいいから女性を褒めればいいと思っている男性は多いだろう。
しかし、これは本当に良くない。

「とりあえず褒めよう」として発した言葉には気持ちがあまりこもらず、そういう感情は女性にちゃんと伝わる。
そうなれば、女性はもちろん良い気はしない。
それどころか、褒め慣れている男性だと思われて、軽い印象なってしまうだろう。

それがもし、本命ではない女性に向けられた言葉だった場合、本命の女性が萎えてしまう場合もあるため要注意だ。

ミサキ先輩
褒めていいのは本命女性だけ!
これは、しっかりと頭の中に入れておくこと。
それと、相手を褒めるのは、ある程度仲が良くなってからした方が良いわ。
そうしないと、好感度が落ちてしまう可能性も出てくるわよ!

 


3. スベってばかりorカッコつけてしまう

合コンでたまにいるのが、場を盛り上げようとするあまり、逆にスベってしまうひと。

いつも面白いキャラ、ギャグを言うキャラでいるのなら問題ないのだが、普段とは違った慣れてないキャラを演じようするのはあまりよくないだろう。

ほとんどの場合は女性にバレ、痛い人と思われて終わりだ。

そんなことをするなら、おとなしいけど少し頑張って話をしようとするくらいの方が断然良いだろう。
あくまでも、いつもの自分で臨むことが重要だ。

 

自信がありすぎてカッコつけてしまうのもNG

カッコつけてしまうナルシストタイプは、女性からするととにかく扱いづらい。そして何より、めんどくさい。

男性の中には、クールなのがカッコ良いと思っている方がいるようだが、クールになろうとすれば、冷たい印象を与えてしまうことも多々ある。
場合によっては、カッコつけすぎて「誰も近づいてこない」なんてことにもなりかねない。

合コンにおいては、クールでいることは正解とは言えないだろう。

ミサキ先輩
心配な人は、自分がスベっていないか、ナルシストになっていないかをまわりの人に聞いてみると良いわ!
意外と自分の気づかないところで、喋り方や発言がつまらない、上から目線になっている、なんてことがあったりするものよ。

 


4. 女性に任せっきり

みんなで楽しくお酒を飲みながらご飯を食べていると、つい目の前のことに気が遣えなくなりがち。

一昔前で言えば、女性がサラダを取り分けてくれるのを喜ぶ男性は多かったが、今の時代女性も、そういう気遣いを求めるのだ!

男性が、ささっとお皿に取り分けたり、お酒のグラスが空いたのに気づいて「次はなに飲む?」と気にかける。
たったこれだけでも、女性からすると気が利く優しい男性という印象を持たれやすいだろう。

 

5.テンションが極端

テンションが極端に低すぎる人、極端に高すぎる人。
正直、どちらも女性からのウケは良くない。

テンションが低すぎると、「何しにきたの?」と悪い印象を与えてしまうだけでなく、「つまらないのかな?」と周りに気を使わせてしまうことも出てくる。

反対にテンションが高すぎると、周りの人がそのテンションについていけず、「うるさい」「何考えてるか分からなくて掴めない」など引かれることも出てくるだろう。

そうならないためには、相手の女性達の雰囲気に合わせることが重要になる。

合コンは実際に行ってみないと相手がどんな女性なのか分からないため、なんとも言えないが、あまりにも自分を出しすぎると失敗に終わるだろう。

ミサキ先輩
良かれと思ってテンションを演出する時は、まずしっかりと状況を把握すること。
そして、主役は女性だと思って、ノリやテンションを女性側に合わせることが重要よ。

 


6. 会計はきっちり割り勘

合コンが開催されたきっかけにもよるが、男性が女性側に合コンを頼んだ場合は、奢るまではしなくとも「多めにお金を払う」などの配慮があると良いだろう。

確かに、いわゆる”ハズレ”だった場合に、お金を出したくなくなるのはわかる。
しかし、それでも多く出すことは重要だ。

そこで多くお金を出して良い印象を与えておけば、今後、何かにつながる可能性も出てくるかもしれない。
なんだかんだ言って、女子にとっては合コンやデートの際のお財布事情はかなりポイントになるのだ。

そしてそれは、男性が女性を見極められるチャンスにもなるだろう。
もしそこで「男が払うのが当たり前」という態度を出すような女性がいれば切り捨てれば良いのだ。

ミサキ先輩
どうしても奢りたくないなら、「お金を払うだけで良い印象を持ってもらえる」「良い印象をお金で買うんだ」と考えると良いわよ。
一瞬でおごれるようになるわ。

 

7. 連絡したあとが積極的じゃない

連絡先交換までこぎつけられたら、ほとんどの方は「お礼のメール」や「次回のデートの誘い」をしようとするだろう。

そう思って、いざ連絡を取り始めてみると、なかなか会話が弾まらずに会話が続かなかったり、誘う勇気がなかったりと言うことが出てくるかもしれない。

しかし、よほどの事がない限りは、相手から誘われて嫌な気持ちになる女性はいないだろう。
もしかしたら、あなたのことが好きかもしれないし、元々あなたに興味がなかったとしても、恋に発展することも十分ありうる。

そのため、合コンが終わった後はアタックをする事が大切だ。

せっかく連絡をとっていても、他愛もない会話だけだと、女性から「この人何がしたいんだろう?」と思われてしまい、そのまま連絡すら終わってしまう可能性だってある。
そうならないためにも、いいと思ったら好意あることを積極的にアピールしていくべきなのだ。

ミサキ先輩
出会いの場には行くけど、彼女がなかなか出来ないと嘆いているそこのあなた!
男は潔く、行動あるのみよ!

 


基本的に女性はわがまま

この記事を読んでいてお分りいただけたと思うが、女性はとてもワガママだ。
しかし、そのワガママを受け入れられるを持ち合わせているかどうか、それが女性にモテるかどうかを決めていると言っても過言ではない。

本気で彼女が欲しいのに出来ないとお悩みのあなたは、ぜひこの記事を参考にしてこれからの合コンに励んでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ミサキ 先輩

みんなのお姉さん的存在であり、恋愛のプロ。 彼女に恋愛相談すれば、どんな問題も解決すると有名。 彼女がここまで恋愛について詳しいのは、自身の数え切れないほどの恋愛経験と、膨大な心理学・生物学の知識のたまものである。 じつは、大の甘いモノ好き。