【短期vs長期】ダイエットはどちらの方が痩せる?徹底比較!

ダイエットは短期集中でやるべきなのか、それとも長駆的に考えるべきなのか。
この辺りは、毎回かなりの論争になっている。

そのため、今回は「ダイエットは”長期”と”短期”のどちらで考えた方が痩せやすいのか」を徹底比較した。
この記事を参考にして、ダイエットを進めてみてほしい。

がんそん編集長
今回は

  • きつさ
  • モチベーションの続きやすさ
  • 痩せたあとのスタイル
  • リバウンドの可能性

の4項目で比べているので、それぞれどちらの方が優秀なのか見ていきましょう!

 

きつさ

ダイエットを考える上で大切になるのは、どのくらいキツイかだ。
あまりにキツすぎると、ストレスで続けられなくなってしまったり、カラダに悪い影響を及ぼすこともある。

そのため、まずはじめに短期ダイエットと長期ダイエットの「キツさ」を比べていこう。

 

短期

短期のダイエットは、かなりキツイ。
1〜2ヶ月の短いスパンで何キロも痩せようとしているのだから当たり前だ。

しかし、そのキツさはあなたの想像をはるかに超えるだろう。
それくらいキツイのだ。
人によっては、体調を崩す方も出てくる。

最近流行りの糖質制限ダイエットも、カラダに合っていない人がやったり、そもそもやり方を間違えて行なっていると、低血糖症などを発症し倒れることもあるのだ。

がんそん編集長
ボクも実は糖質制限で何度か倒れたので、お医者さまから”ドクターストップ”がかかりました。
もし糖質制限をやってみて、ふらついたり、気分が悪くなったりするようなことがあれば、一度お医者さまにみてもらうと良いでしょう!
意外と、あなたのカラダには糖質制限は合っていないかもしれませんよ?

 

長期

長期で行うダイエットは、短期に比べてかなりラクになる。
というのも、長期のダイエットは『無理のない範囲で』がモットーで、1つずつ小さなステップをクリアしていきながら行なっていくからだ。

その分、期間も長くなり、人によっては1年以上に及ぶこともあるのだが、ストレスはかなり少なくできるだろう。

がんそん編集長
ボクがトレーナーとしてダイエットを指導しているお客さまで、長期的なダイエットで行なっている方のほとんどは『あまりストレスなくダイエットできている』とおっしゃっています!
キツイのが苦手な人は、長期的なダイエットが良いかもしれませんね!

A, 長期の方がラク!

 

モチベーションの続きやすさ

モチベーションが続かなければ、食事制限や運動を続けられなくなり、ダイエットを途中で失敗してしまう。

そのため、ダイエットをする上でモチベーションはとても重要となる。

 

短期

上でも紹介した通り短期ダイエットは大変きつい。

そのため、たとえ1〜2ヶ月で終わるようなダイエットだったとしても、キツすぎてモチベーションがさがり途中で諦めてしまうこともあるだろう。

ただ、モチベーションというのは、基本的に長くは続かない
そういう意味では、短期ダイエットの方が、最後までモチベーションを維持したまま成功させることできる。

さらに、短期のダイエットはカラダの変化が出やすい。
きついダイエットをしている中で効果が見えるというのは、真っ暗闇に差し込む希望の光となる。

そして、その結果としてモチベーションが上がり、ダイエットが成功する人も多くいるのだ。

がんそん編集長
ボクがダイエット指導をしているお客さまでも、本人から「効果が見えないとモチベーションが下がるんです」という話を受けている場合は、短期的にダイエットを行うときもあります!

 

長期

長期ダイエットの場合は、モチベーションが続かなそうで怖いと思うかもしれないが、意外とそんなことはない。
上で紹介した通り、長期で考える場合、ステップを踏んでダイエットを行なっていくため、短期ダイエットよりもきつくないのだ。

きつくないということは、モチベーションが下がりにくいということにつながる。

しかし、長期のダイエットは短期に比べて、効果が見えにくい。
そのため、効果が出ないからと、途中で投げ出してしまう人は少なくないのだ。

がんそん編集長
長期のダイエットでは、たとえ効果が見えなくても、「今はコレで大丈夫。停滞しているだけだから、そのうちちゃんと痩せるようになる!」と思えるかどうかが重要です。
ここで「諦めるか」「続けるか」で、ダイエットが成功するかどうかが決まります!

 

A, 短期の方がモチベーションは続く!

 

痩せたあとのスタイル(見た目)

ダイエットをする上で気になるのは、果たして痩せたあとにしっかりとスタイルが良くなるのかどうかだろう。

これに関して言えば、短期で行った場合と長期で行った場合とで大きな差があるため、見ていこう。

 

短期

短期のダイエットで痩せた場合、痩せたあとの体型は「細くなった」という感じになる。
”脂肪”と”筋肉”の両方が落ちた見た目になるため、ヒップアップやくびれなどはあまり現れず、シルエットだけ細くなるだろう。

そして、やや皮下脂肪が残ることも考えられる。
というのも、「内臓脂肪は3週間、皮下脂肪は3ヶ月」と言われるくらい皮下脂肪は落ちにくく、1〜2ヶ月では落ち切らない可能性が高いからだ。

もちろん、1〜2ヶ月程度で皮下脂肪も落とす人はいるが、それは元々の体脂肪率が低い場合に限る。
もし、皮下脂肪まで完璧に落としていきたいというのであれば、3ヶ月以上かけて長期的にダイエットをおこなっていくのが現実的だろう。

がんそん編集長
1ヶ月間で体重の5%以上落とすと、免疫力が弱まり、ストレス過多になり、体に悪影響が出ると言われています。
なので、健康的に痩せたいのなら、1ヶ月に体重の5%以上は減らさないようにしましょう!(体重50kgの人なら2.5kg、 70kgの人なら3.5kgまでという感じです!)

 

長期

長期ダイエットでは、短期では落ちにくかった皮下脂肪をしっかり落とすことができるだろう。

そして、筋肉が落ちない分、ヒップアップをさせ、くびれを作り出すことも可能になる。
トレーニング初期者であれば、ダイエット中でも筋肉が増える場合もあるくらいだ。

そのため、最終的な見た目で言えば、圧倒的に長期でダイエットをおこなった方が良くなる。

ただし、ダイエットを始めて1〜2ヶ月後の見た目で言えば、やはり短期ダイエットには敵わないだろう。

 

A, どのくらいの期間で痩せるのかによって変わる!

 

リバウンドの可能性

せっかく痩せたのにまた太ってしまったら意味がない。

そのため、最後にリバウンドのしやすさを比べていこう。

 

短期

リバウンドは間違いなく短期の方がしやすい。
短い期間で痩せようというのだから当たり前かもしれないが、長期のダイエットと比べるとはるかにリバウンドしやすいだろう。

ただ、見方を変えればリバウンドをしにくくなる可能性はある。

とくに、短期ダイエットでおこなう食事制限はとてもきついため、痩せたあとの体重維持の食事は痩せるために行ってきた食事と比べれば全然キツくない

ここで、「なんだ。これぐらいなら余裕だ。」と捉えることができれば、おそらくリバウンドはしないだろう。

がんそん編集長
「痩せればいっぱい食べられる!」という考えを持ってダイエットに臨むと大体リバウンドします。
なので、ダイエットをする中で「痩せたあとの食事はどのようにするのか」を決めておくと良いでしょう!

 

長期

長期のダイエットは、体を変えることが目的ではあるが、それ以上に食生活を変えることが大きな目的となる。
そのため、長期ダイエットが成功した頃には正しい食生活が身についており、それが当たり前になっているはずだ。

リバウンドはもちろんしないし、それどころかどんどんクールな体つきとなり、健康的にもなるだろう。
肌だってツヤツヤだ。

要するに、長期のダイエットにはリバウンドの概念はなく、もう二度と太らない食生活を手に入れることこそが、長期ダイエットの成功を意味するのである。

 

がんそん編集長
今まで何度もリバウンドしてきたという方は、長期ダイエットを始めてみましょう!
時間はかかりますが、リバウンドはしなくなるはずです!

 

A, 長期ダイエットにリバウンドの概念はない!

 

オススメは断然「長期ダイエット」

今回は、4つの観点から「短期ダイエット」と「長期ダイエット」を比べてきた。

結果から言うと、ダイエットは間違いなく「長期的」にやるのが良いだろう。
というのも、総合的に見ても、短期的にダイエットを行うメリットはほとんどないからだ。

そのため、短期間でどうしても痩せなくてはいけない場合を除いては、「長期ダイエット」を行おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がんそん(岩村正也)

当メディア『オトナをもっと』の編集長。 50名以上のカラダを変えてきたパーソナルトレーナーであり、格闘技系レッスンのインストラクター、恋愛心理ジャーナリストと、その活動は多岐にわたる。22歳。トレーナー歴3年。趣味は、散歩と映画鑑賞。現在、20歳以上年の離れた妹にメロメロ中。