【ダイエット中】急な飲み会でも太らずに済む方法とは?

 

「今日、飲みに行こう」

ダイエット中の人にとって、この言葉は悪魔の囁きとなる。
今までなら、テンションMAXで「いく!」となっていたがダイエット中ではなかなか嬉しい声が出ない。

とはいっても、いかないわけにもいかないという人は多いはずだ。

今回はそんなダイエットを頑張っている人のために、急な飲み会が入っても太らずに済む方法を紹介していく。

 

次の日の食事を減らす

基本的にご飯をたくさん食べる時は、前後の食事もしくは前後の日で調整を入れることが重要である。これは、食べ過ぎたものが脂肪として吸収される前に、エネルギーとして消費させるためだ。

急な飲み会の場合は、前もって食事量を調整できないため、次の日の食事量を減らそう

次の日どれぐらい減らすかは飲み会でどれぐらい食べるかによるが、がっつり減らして問題ない。
まったく食べないというのは色々な問題を誘発するため、最低限は食べるようにしよう。

ダイエット自体はたった1日制限したところで大した成果は得られないが、この場合はかなり有効となる。
食べ過ぎたものを脂肪に変えないための応急処置として次の日の食事を減らしてみよう。

 

運動をするのもOK!

次の日の食事量を減らす代わりに運動をするのもアリだ。

家の周りを散歩したり、ジムのランニングマシンで走ったり、仲間とスポーツをすれば心身もリフレッシュし、一石二鳥だろう。

がんそん編集長
そのほかにも飲み会の後に、歩いて家まで帰るのもおすすめです!

 

食べるものに気をつける

これは至極当たり前のことなのだが、ダイエット中の飲み会は食べるものに気をつけよう

意識することとしては、高タンパク・低脂質・低糖質・低カロリーだ。

野菜や、刺身などを多く注文するようにし、揚げ物など脂質の多いメニューや、チャーハン・焼きそばなどの糖質の多いメニューは避けるようにしよう。

 

はじめに野菜を注文すること

そして、初めに注文するメニューは必ず野菜にすること。
野菜に多く含まれている食物繊維により、糖質の吸収速度がゆっくりになり、脂肪がつきにくくなることが期待できる。

ダイエット中でも食べられる、詳しい居酒屋定番のヘルシーメニューは「ダイエット中に居酒屋で食べても太らないメニュー9選」を見てみてほしい。

 

飲みものに気をつける

食べるものを気をつけるのと同様に、飲み会では飲む物にも気をつけよう。

あまり知られていないが、アルコールは1gあたりカロリーが7kcalもある。
多くの人が気にしている糖質は1gあたり4kcalのため、その差は歴然だ。

もちろん、飲む酒にどれだけ糖質が含まれているのか気にするのも大事だが、アルコールの度数にも気を使った方が良いだろう。

さらに、アルコールは食欲を増進させてしまうため、食べる量を抑えようと思っても知らず知らずのうちにたくさん食べているなんてこともザラにあるのだ。

 

ウーロンハイ・緑茶ハイがおすすめ

できることなら飲み物はノンアルコールに近い方が良い
それもウーロンハイや緑茶ハイなどであれば、脂肪燃焼も期待できるためベストだ。

がんそん編集長
烏龍茶・緑茶に豊富に含まれるカテキンには脂肪燃焼に効果があることが報告されています!

 

難しい場合はなるべくアルコール度数が低く、糖質量も少ない飲み物を選択しよう。

 

軽くつまんでから飲み会に参加する

飲み会で太る大きな原因のひとつは食べ過ぎだ。
ただでさえカロリーが高いメニューが多いのに、それを食べ過ぎてしまうことによって太るのだ。

そのため、飲み会に参加する前に軽くご飯をつまんでおくと良いだろう。

なるべく低カロリーで満腹感が得られるもの。かつ、その満腹感が持続するものだと好ましい。

 

おすすめはサラダチキン

おすすめはサラダチキンだ。
サラダチキンは、タンパク質の塊であり、糖質・脂質がかなり少なくカロリーもかなり低い。

それだけにとどまらず、サラダチキンはかなりの満腹感を感じさせてくれる優秀な食べ物だ。

調理が必要なわけでもなく、箸なども必要ないため手軽に食べられる。
サラダチキンをひとつ食べてから飲み会に参加するだけでもかなり違うはずだ。

がんそん編集長
サラダチキンひとつで、驚くほど食べる量が抑えられますよ!

 

工夫次第で飲み会は太らずに済む

飲み会はダイエット中だとたしかに辛いイベントだ。しかし、工夫次第では太らずに済ませることもできる。

一番怖いのは、飲み会で体重が増えることによって、ダイエットのモチベーションが下がってしまうことだ。

ここで紹介した方法を駆使し、飲み会後に体重が増えてモチベーションが下がるということが無いようにしていこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がんそん(岩村正也)

当メディア『オトナをもっと』の編集長。 芸能人をはじめ、1000名以上のカラダを変えてきたトレーナー兼インストラクター。その他にもメディア編集長、オンラインサロンオーナーなど、その活動は多岐にわたる。23歳。トレーナー歴4年。趣味は散歩、一人旅、音楽・映画・お笑い鑑賞。現在、20歳以上年の離れた妹にメロメロ中。